現状に不満なら、1年くらいニートすればと。「ヒマな1年」があなたに変化をもたらす

f:id:equipmentalism:20181224165644p:plain

どうも、モリゾノです。

今回も週休4日生活のための考え方を書きます。

みんな1年くらいニートやるべき。自由な時間を作るべき。ていうお話です。

ちょっとふんわりしたお話ですが、

現代日本人の問題に触れたレベルの話なのでお付き合いください。

「ヒマな1年」って?

「ヒマな1年」と言われて、あまりピンとこない人は多いと思います。

今学生であるとか、もしくは転職未経験の方とか。

ほとんどすべての日本人が、

小学校→中学校→高校→大学もしくは会社と、

「一度もヒマな時間を手にしないまま」ひたすら何かに属しています。

1年以上,完全に自由な時間を経験したことある人は少数派です。

「ヒマな一年」が自分の解像度をたかめる

f:id:equipmentalism:20181224173601p:plain

何物にも縛られないヒマな一年は、自分の解像度を高めます。

自分の解像度を高めるとか意識高すぎる発言ですが、

ヒマな一年があると、考える時間がめっちゃあるんです。

  • 「自分は何が好きで」
  • 「なにが嫌いで」
  • 「なにをやりたくて」
  • 「何をやりたくないのか」

これは気づいているようでわりかしみんな気づいていません。

気づいていないからストレスフルな毎日を送っています

「変えないと行けないモノ」

「やらないといけないコト」

「やりたいコト」

がはっきり見えない、価値観に絶対的な自信がない。

だから行動を起こせず、

文句を言いつつもやりたくないことばかりやっている現状を変えられません。

SNSや会社で集めた

「人の意見」が必ず自分を押さえつけます。

会社とか、学校とか、絶え間なく組織に属していると、

どうしても周囲の人間に染まって、

自分の価値観が固まりません。

ぼくの例ですが、

自分のためにならず、楽しくなく、しかもお金にならないことは絶対にやりません。

これは確固たる価値観です。

自身があるので周囲の人間のヤジは一ミリも気になりません。

この地震が生まれるまで、

人生について大きく考えたタイミングが、2回ありました。

1回目は、カブで日本一周したとき。

日本一周って、暇なんですよ。すっとバイクに乗ってるから。考え事しかできないんです笑。2か月間。しかも宿泊は野宿だったのでたくさん考えます。

この時僕は、「バイク業界」についての知見が、

2レベルくらいアップしました。

2回目は、オーストラリアにワーホリに行ったとき。

学校を休学していったのですが、1年間、ひたすら自由に生きました。

それまで、全ての時間を費やしていた、バイクとか、自転車とか無くなっちゃったので

、暇でした。だから、色々考えました。

あの1年で僕は34レベルくらいアップしました。

✔POINT
「考える時間」 が自分の価値観を作る

なんで人は「考えない」のか

f:id:equipmentalism:20181224182332p:plain

「確固たる独自の人生価値観を持っている人」ってマジでなかなかいませんよね。

大抵の人が、

「それどこかできいたたことある~」

っていうようなことしか言いません。

それは「考えていない」ことが原因です。

「考える」は労働

エジソンの言葉です。

人間は考えるという真の労働を避けるためなら何でもする。

気づきにくいですが、考えるのって、かなり面倒なんです。

だって問題があって、答えがあれば、取りに行きますよね。

インターネットの普及が、それをさらにひどくしてるかも

「考える力が~」っておっさんみたいに安直に言うつもりはありませんが、

インターネットで、様々な問題に、簡単に触れれるおかげで、

「答えがそこにある」と勘違いしている同世代が多すぎる気がします

気になる→調べる→人の意見が出てくる→解決!!

答えがある問題の場合は全然有効活用すべきなんですよ。

本の値段を調べる、とか。

でも本のレビューとか、気にしてどうするんですか。

もともとある知識が違うのに同じ感じ方するわけないですよ。

自分で読んで自分で価値を見つければいいじゃないですか。

バイク関連情報とか見てらんないですもんね。

あくまで現物第一なのに、買う前から、知らない人の意見を調べるところから入るし。

「自分で感じて、自分で分かる」のが一番たのしいと僕は思ってまっす。

だからみんな、1年くらいニートやろうよ

f:id:equipmentalism:20181224182551p:plain
雑音を取り除くと、絶対に考える

落合陽一も言ってました。「日本人にもギャップイヤーが必要」って。

ギャップイヤー:学校を卒業後、すぐに進学や就職をせず、自由に過ごす時間のこと。

この時間を、旅とか、他、何でもいいから、自由に過ごしてみるんです。

やりたいことだけやることによって、

ストレスや雑音から解放され、

他にはできない経験ができます。

そもそも行動しないと自分の好きなものはわかりません。

僕の場合は、19歳の時に行ったワーホリがそれにあたります。

すでに会社員の人は、1年も会社を休むことになりますが、

休暇でも、やめるでも、転職でも、

時間を作ることにチャレンジしてみて下さい。

「せっかく入れた会社を辞めるなんて」とか

「辞めた後どうするのか」と思うかもしれませんが、

現状に不満のある人は、今、逃げずに考えないと、

ずっと変わらず、一生苦しみ続けるかもしれません。

f:id:equipmentalism:20181224184902p:plain

(現状に満足な人はそのまま突っ走っちゃってください笑)

今、たった1年の不安を乗り越えて、以後自分らしく生きるか。

もしくは一生現状に苦しむか。

どちらかです。

おすすめですよ、思考タイム。

モリゾノでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です