モリゾノの目標「モリゾノランド」

モリゾノランド???

 

どうもモリゾノです。

ぼくの夢はモリゾノランドを作ることです。

これを読んだ方が少しでも多く、ぼくの思いに賛同してくれ、

協力してくれるとうれしいです。

「モリゾノランド」はくつろぎ型オフロードコース

f:id:equipmentalism:20190221141249p:plain
土地のイメージはこんな感じ

「モリゾノランド」のコンセプトはくつろぎ型オフロードコースです。

メインはエンデューロとトライアルのコースと考えています。

 

しかしモリゾノランドは、そういうただのオフロードコースではなく、

「くつろぎ型オフロードコース」を目指しています。

 

モリゾノランドの目指すところ

「くつろぎ型オフロードコース」とはくつろげるオフロードコースです。

ここで、

「俺は普通のオフロードコースでもくつろいでるぞ!!」

という方もいると思います。

しかしモリゾノランドは、

“一見さんでも”めっちゃくつろげるのが目標。

 

オフロードコースにありがちな一見さんに優しくない点

常連が威張る

上級者が初心者相手にマウントをとる

ルールが細かい/わからない

モリゾノランドは、

こういう問題を解決しつつ、

さらに以下の特徴を兼ね備えたオフロードコースを目指します。

モリゾノランドの目指すところ

①バイク未経験者がデビューするきっかけになる場所

②走りに来る人だけでなく、その友人や家族もくつろげる(楽しめる)場所

③用がなくても来れる場所

④そもそもバイクに興味がない人も来る場所

ひとつづつ説明していきます!

 ①バイク未経験者がデビューするきっかけになる場所

f:id:equipmentalism:20190417180542p:plain

https://www.youtube.com/watch?v=1dOBFXVQlko

ワイ
バイクの敷居をさげるべし
→バイクって、人の人生が変わるレベルで熱中できる趣味なんですが

とにかく敷居が高い。お金がないと、「楽しさ」を知ることすらできない

親しい知り合いがいないとなかなか始められませんよね。

だから、「やってみたいけど、お金もないし、知り合いもいない」という人は、

だいたい触れることすらありません。

多くは、免許を取って、車体を買わないと、乗ることすらできません。

ぼくは16になって当然のように免許を取り、車体価格5000円のバイクが始まりだったので

敷居はめちゃくちゃ低かったのですが、

大多数の人間にとって、バイクって、

「軽く乗る」

までがめちゃくちゃ敷居高いんですよ。

ほとんどはまず自動車学校に入るところからです。。。

だから、

より簡単に、

より身近に、

これらの趣味に触れることができる場所を、ぼくは作りたいと思っています。

バイクや車を、買わなくても、とりあえず触れられるところ。

もちろん免許は不要。

だからレンタルバイクは必須だと思っています。

「触れる」「とりあえず乗る」ことがキーなので、多少ぼろくてもいいかな、と思っています。(そうすれば安いし)

②走りに来る人だけでなく、その家族もくつろげる(楽しめる)こと

f:id:equipmentalism:20190221151328p:plain
ワイ
ママと子供もくつろげる場所にしたい

オフロードコースって、大抵オフロードコースしかないんですよね。

当たり前ですが(笑)

だから家族のいる会社員パパにとってはつらいのではないかと。

例えばお父さんが一人だけコースに行く。というのは億劫なので、しばらくバイクをあきらめるか。。。て人が多くいます。

もちろん家族をコースに連れてくる人もたくさんいますが、

しかし一ミリもバイクに興味のないお母さんにとって、

丸一日山に拘束されるのはちょっと。。。てなりますよね。

あとは安全な、子供の遊び場もあった方が良い。

要するに、「お母さんと子供も楽しめる場所」にしたいんです。

例えばカフェでもあればお母さんはくつろげる。

それが高じてコミュニティだってできるかもしれない。

はなまる学習会代表の高濱氏いわく、現代のママ、特に専業主婦のママは、家庭以外のコミュニティに属することが、ストレスを溜めないいい方法だそうです

それに限らず、おいしいコーヒーや紅茶、料理を提供できたり、

なんかセミナーやったり、ママが喜ぶ場所。

何がママに喜ばれるのかぼくには絶対にわからないのでぼくじゃない人に考えてもらいますが笑

子供に関しても、

オフロードコース作るならどうせ山なので、

勝手に自然体験できちゃう場所にします。

 

どうせ山なのでたぶん犬5匹ネコ5匹くらい飼いますし。

もちろんキャンプ場も作ります

③用がなくても来れる場所

f:id:equipmentalism:20190221160801p:plain
ワイ
要するにたまり場をつくりたい

おとなの秘密基地的な。別に何にもしなくたっていいし、

何かしたければ土地は確保しとくので

勝手にやってくださいスタイル。

ライダーズカフェ的なのでもいいし。とりあえずソファ置いときます(適当)

④そもそもバイクに興味がない人も来る場所

f:id:equipmentalism:20190417181052p:plain
ワイ
ピザを食べに来ただけなのにたまたまバイクを見て楽しそうだったから乗ってみた、みたいなのを増やしたい

一番大事!

個人的にはこれを一番重要視しています。

モータ-スポーツって、あまりにもクローズドなんですよね。

ほぼ山の中でしかやってないじゃないですか。

だからサッカーとか野球みたいに、

「あれ面白そう!」

 

がないんですよね。

バイクを目的に来た人しか、見る機会がない。

もし、モリゾノランドのコーヒーとかピザとか、

バイクに関係ないもので人が来れば、

楽しそうなオフローディングを

見せつけるいい機会になるんですよね。

それで興味を持ってもらえて、

「ちょっと乗りたい!」って人に500円くらいで乗らせて、

「やべえバイク楽しいかも!!!」って思ってもらえたら最高です。

だからどうにかして、バイクに興味のない人にも来てもらえたらなと。

その他こんなのもあればいい

モリゾノランドはオフロードコース、と書きましたが、あくまでメインがそれであって、ほかにも考えはあります。とりあえず、騒音を気にしなくていい、

クソ広い平地があればできること

〇二輪だけじゃなくて四輪も。ダートラとかジムカーナとか

〇各種イベント会場

〇ライブ会場

〇ラジコン(飛行機ヘリ)

〇サバゲ―

〇特撮(笑)

要するにすげえ自由な場所にしたいんです。

モリゾノランドのイメージ画像

ここまでいろんなこと書いてきましたが。。。。

なかなかイメージわきませんよね。。

そこで絵をかきました。

これこそが僕の理想郷です。

f:id:equipmentalism:20190221164539p:plain

施設はこんな感じ。

 

  • スタジオ
  • 動物ふれあいコーナー
  • ドッグラン
  • レストラン
  • コーヒー屋さん(カフェ)
  • キャンプの場
  • レンタルガレージ
  • キャンプ場
  • 俺の家
  • 平地
  • モトクロスコース
  • トライアルコース
  • エンデューロコース
めちゃくちゃ楽しそうだろ!!!!! 

場所

すでに開拓されてる、牧場跡とか採石場跡とかゴルフ場」跡とか、もう最高です。

よさそうな場所あったら教えてください

お金

まだ何にも考えていません(笑)

ま、一気に全部作っちゃおうとは思っていません。

とりあえず土地を確保して、あとはのんびりぢゃって行こうかなと。

どうせ儲からないだろうし。(儲からせようとしたらおそらくコンセプトが破綻する)

ぼくが富裕層になってたら自己資金でやるかもわかりませんし、どうにか外部から資金調達するかも。だれかお金持ってる人スポンサーになって!!!!

とりあえずモリゾノランドを実現させるために、今模索中。

モデルケース

ワイ
実はモデルになている場所が実在している

じつはモリゾノランドのモデルになってる場所があるんです。

それは鹿児島県の「寺山牧場オフロードコース」

まじで「くつろぎ型オフロードコース」です。

僕のホームコースなんですが、(今は栃木に住んでるので行くのは帰省時だけですが)

まじで用のない人も来るし、バイク乗らない人も来ます。

あるひとりの偉大なオーナーによって支えられています。

コーヒーもピザもおいしいので、

気になった方は鹿児島まで行ってみてください。

最後に

以上、モリゾノランドの概要です。

けっして夢物語ではなくて、僕自身実現のために動いています。

今23歳ですが、30までには土地を確保する予定です。

この記事も備忘録的な記事なので、アイデアが生まれ次第アップデートしていきます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上モリゾノでした!!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です